優婆夷宝明神社

う ば い ほ う め い じ ん じ ゃ

神社

八丈島、青ヶ島の総鎮守。

当社は、式内社で、優婆夷神・宝明神の二柱の祭神を奉斎しています。

創建年代は不詳、一説に優婆夷神(八十八重姫やそやえひめ)は、事代主命(ことしろぬしのみこと)の八人の御妃の一人、宝明神(古式命こしきのみこと)はその子供と言われ、島民はこの神様から生まれ、八丈島を開拓したと言われています。
島民の祖先神として、広く信仰を集めています。

摂社・末社に、松尾神社(月読命つくよみのみこと)、磯神社(大国主命おおくにぬしのみこと)、三島神社(大山祇命おおやまつみのみこと)、稲荷神社(倉稲魂命くらいなたまのみこと)があります。

このホームページ上の全ての権利は、優婆夷宝明神社に帰属しています。Copyright (C) 2014 優婆夷宝明神社 All Rights Reserved.